あさぎの楽断捨離

定年まで10年。今から定年後に楽をするための断捨離スタートです

我が家の現状とこれから目指す所は?オシャレじゃなくても物があってもOK

現在夫は求職中(失業中)。今年に入ってからずっと仕事を探していますが、なかなか見つかりません。

本人は、働きたいというのですが、これはという仕事がないようです。そんな贅沢いってはいけないと思うのですが、仕事をするのは夫で、私ではないのが難しいところです。

もう働かなくてもいいよとは、口が裂けてもいえない状況なので、頑張ってほしいところです。

そんな我が家のこれから目指す所を考えてみました。

 

 節約経済中の我が家

f:id:asaginodaiary:20190404231719j:plain

現在夫が失業中なので、お金を使って遊びに行くということは自粛中です。今は家の中を片付けることを目的に他のことは考えないようにしています。

 

今までもそれほど遊びに出かけていたわけではありませんが、朝から買い物に出かけてお昼を出先で食べて帰ってくるという行動をよくしていました。夕食の外食はほぼありません。

一件節約のようですが、なんといってもこの外でごはんを食べるという行為がお昼だけでもお金がかかるのです。

一回行けば2000円くらいつかいます。金額的には少なくても毎週行っていると、月に1万円近くなってしまいます。

 

今までは、私の休み(月8回)と夫の休みが一致した日に出かけていましたが、夫がずっと休み状態ですので、出かけることが出来る日が増えてしまいました。

そこで、苦肉の策として、お昼ごはんを食べてから買い物に行くことに。

もちろん、午前中はお片付けタイムです。

買い物に行く時でも、お昼ごはんを食べてからが合い言葉です。その代わり、早朝にコインパーキングに車を止めて(100円)1時間くらい歩くのが休みの日課となりました。

 

そんな我が家の状況なので、今後どうすればいいのかということにも目がむきます。

下手をすれば、夫の収入が無しということも想定しないといけないのかとちょっとコワイです。

 

オシャレな生活がしたいか?

f:id:asaginodaiary:20190615055250j:plain

我が家は築18年の1戸建て。これも夫がこれまで働いてくれたから買えたものですが、まだローンも残っているので厳しいです。二人であと10年働けば返していけるだろうという目算でしたが、ここへ来て危険な香です(-_-;)

 

人生で大きな買物である家を買った経験をしているので、もう住まいを買いたいという欲望もありません。今の家を丁寧に使って暮らしていければ良いと考えてます。

ネットで見るようなオシャレな生活もあこがれますが、あのオシャレな状況を整えるためにはお金もいりそうです。そして、それを維持するための労力も結構必要かもと思うと、オシャレじゃなくてもいいかなという結論になりそうです(^^;)

でも整った生活は気持ち良いものだということは知っています。

あまり無理をすると、家での片付けが仕事になってしまい、仕事をして帰ってきても家でも仕事ということになり、ストレスを溜めてしまいます。

なので、おしゃれでなくてもOK。ただし、いらない物の処分は結構体力もストレスもかかります。

なので、元気のある今から10年後にむけて、家の片付けを進めていきたいです。

 

ミニマリストになりたいか?

f:id:asaginodaiary:20190615055345j:plain

世間では、ミニマリストや、やましたひでこさんの断捨離が注目されています。では、我が家はどんな方向を目指すのがいいのかと考えてみました。

 

ミニマリストとは

ミニマリスト 持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。 自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方

 

素敵だなと思いますが、自分にとって気に入った最小限の物にたどりつくまでにはお金もかかりそうじゃないですか?今の我が家では、ちょっと無理かなと(苦笑)

そして、物が多くても気にならない自分の性格が邪魔をしそうです。

基本的に、あまり片付けることが好きではない私です。散らかっていても平気で自分のやりたいことを優先させてしまいます。

そんな私がこのブログのスタートとともに、片付け始めたのには2つの理由があります。

 

ヒントが一杯で参考にしているブログ達▼

掃除&片付け 

スッキリさせた場所・もの

 

片付け嫌いな私が片付けを始めた理由

f:id:asaginodaiary:20190615055710j:plain

1 50才を越えて、体力の衰えを感じるようになった

いつか、片付けたらいいやと思っていたのですが、そのいつかは、もっと体力がなくなっていることが予想されます。

ならば、いつかは、今ということですよね。

 

2 50才を越えて、記憶力の低下が大きい

体力と同時に記憶力が怪しくなってきました。仕事でも忘れることがあるので、仕事中は必ずメモが必須です。

仕事のことや大事な約束はもちろん忘れませんが、家事のことは忘れます。夫もだからといって何も言いませんが、物の位置も忘れるようになると危機感が・・・

 

これは、物の見える化・もしくは自分の記憶力にみあった収納にすることが大事だと気づきました。

 

物を減らすことは大事ですが、何がなんでも物を捨てたいとも思いません。収納する場所があれば、覚えて置ける範囲なら置いておいても良いかなと思います。

 

今家の片付けを初めて、ブログに記録する意味も含めて写真を撮っています。この写真を物に貼っておこうかなと考えています。ちょっとメンドクサイですが、自分の記憶力が頼りにならなければ、それを補助する物に助けてもらいましょう。

もちろん、見た目にはよくありません。でもそれほどお客様がくる家でもないので、自分達が快適に暮らせるのが一番!

 

基本は、夫には強制しません。

でもね、

休みの日の午前中に片付けを始める姿を見せると、無言で夫も自分の物を片付け始める姿がありました。似たもの夫婦でしょうか。

今は夫が料理と洗濯をしてくれています。仕事に行っていないのだから当然と思うかありがたいと思うか微妙な所ですが、夫が自分のできることをしようとしてくれているのはとても嬉しいです。

ならば、私もできる範囲で片付けを進めていこうと思います。

 

ミニマリストとも断捨離とも違う、今から10年後を楽に暮らすための、準備をただいま実行中です。