50才からの生活を楽にするブログ

定年まで10年。今から定年後に楽をするための断捨離スタートです

断捨離の結果の主人の反応に切れそうなった話

断捨離を始めて、まず2日間頑張ってみました。
始め実際断捨離のために使ったのは1日2時間。毎日は厳しくても、1時間だけでできる範囲に区切ってすることは可能なはずなんです。
ただ、まだまだ初心者の私にはちょっとハードルが高いので、思案中です。

実際に断捨離を始めた日の主人の反応と、そこからわかったことがあります。

f:id:asaginodaiary:20180925225236j:plain

 主人の物には要注意
 

最初の日に主人の腹筋用のマシンを動かしたら怒られた!
こちらのマシン▼

f:id:asaginodaiary:20180925223203j:plain
これをとりあえず、サンルームへ動かしました。
これが、リビングにあると、このマシンの上に服などをついおいてしまいます。すると、だんだんと埋もれてきて、結局マシンも使えず部屋の散らかり具合が加速していくようです。


ただでさえ狭いのにさらに足の踏み場のなくなっていったという経緯があります。

ただ、目につくところにないと使えないという主人の気持ちわかります。


今回は、仕方ないので、こたつテーブルの中へ入れ込むことにしました。また時期がくれば 移動することもできるかもしれません。

f:id:asaginodaiary:20180925223301j:plain

 

断捨離の結果、主人の反応は?

 

実は、私は片づけが嫌いです。
でも、やらなければずっと散らかったままです。そんな私が、一念発起して、片づけを始めました。
主人が仕事から帰宅して、いつもより片付いたリビングを見て、どうしたと思いますか?

無言・・・


何事もなかったかのような態度に、やる気も半減します。
それよりも、自分の物が動かされているのが嫌だったのでしょうか。何も捨てていません。それでも、こんな様子です。

 

このブログを読んでいるご主人方がいれば、ぜひお願いします。
いつもより、部屋が片付いていたら反応してあげてください。
「今日は、きれいに片付いているね。大変だった?」
これだけでOKです。

 

ちなみに、このことからの教訓
1 主人に誉め言葉を期待しない
2 主人の物はできるだけいじらない。もしくは本人のいる時にやる

 

断捨離って、要は片づけであり持ち物の処分・整理である部分が大きいです。そのため、モチベーションの維持が難しいです。

 

いやなことをあえてするためには、本来は誉め言葉をもらうためでなく、自分の中のゴールに近づいたことを喜ぶべきなのかもしれません。

 

 

 

つい、これだけ頑張ったんだから、ほめてほしいと思ってしまうのが、まだまだ初心者なんでしょうね。

友人に聞いても、そんな物だよ~という答が多かったような。その他にもこんな意見が出ました。

 

こんな見方もあるのか~

f:id:asaginodaiary:20180927001527j:plain


 その1『 気づいていないのでは?』

なんだか納得でした。意外とあたっているかもしれません。

 

その2『片付けた時は、もっとアピールを!』

これも必要ですね。

 

その3『好きにできるスペースを与えておく』

こんまりさんの名言を教えてくれた方もいました。

 

なるほど~でした。

 

その後、ちょっと嬉しいことがありました。

 

夫にも、ちょこっと変化が

 

夜に片付いていたリビングでした、朝主人が家を出る前は、もう服や洗濯物などがあちこちに落ちていました。

まあ仕方ないか(-_-;)

そう思っていたら、主人が家を出たあとを見ると、なんと片付いているではありませんか♪

 

何も言わなくて正解でした。まず自分からやることですね。

なんだか、これだけでちょっと嬉しかったですよ。