あさぎの楽断捨離

定年まで10年。今から定年後に楽をするための断捨離スタートです

家計の見直しセミナー体験!減らす物と減らしてはいけない物

家計の見直しを初めて、色々と気になる部分が見えてきました。

一般的には、家計の見直しといえば、光熱費と携帯代・保険の3つが言われています。

確かに金額が大きい物なので、見直すことで節約効果は大きいのでしょう。でも、すべての家庭に当てはまることなのかはちょっと疑問です。

以前に家計セミナーで聞いた話を思い出しました。

 

 

 家計の見直しセミナーとは

f:id:asaginodaiary:20190403232356j:plain

以前に、家計の見直しがテーマのセミナーに参加したことがあります。楽天主催で、案内メールがたまたま目にとまりました。無料だったし予定も空いていたので、せっかくだからと足を運んでみたんです。

その時の様子をちょっと書いてみますね。

参加者は20名程度。意外と年配の方が多いのが目立ちましたね。それも男性。家で悠々自適生活に入っているような方もチラホラと。

もちろん、若い方も女性もいました。ほんとうに色々でした。

 

家計の見直しというよりは、運用のノウハウを紹介というセミナーでファイナンシャルプランナー(FP)の方のお話でした。その時の私には運用するほどの余分なお金もないし、興味半分でお話を聞いていました。

でも、セミナーでお話を聞くと、ちょっとやってみてもいいかなと思えてくるから不思議です。

この時のセミナーは、無料でした。でも、最後に個別で聞いてみたいことがある人は、後日相談を受けてもらうことができるという物でした。もちろんそれも無料。

そこで、無料ならと私も後日相談で家計チェックしてもらうことに。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

 

個別相談でわかったことは

セミナー会場は、梅田の大きなビルの会議室でしたが、向かったのは大阪市内の小さな事務所。

なるほど、こういう場所を個人が借りて仕事をしているんだなと興味深く拝見しました。

その時の相談内容である、家計の見直し。当時も夫が仕事を辞めるかもという心配があり、まだ子供の学費もいるという状況。

そこで、提案してもらったのは3つでした。

  1. 保険の見直し
  2. 一番減らしてはいけないもの
  3. ローンのとらえ方

 

1 保険の見直し

保険を子供と連携で支払うというタイプの物に変えて、支出を減らすのが目的でした。

ただ、私自身は子供に親の保険料を引き継いでもらうのは、ちょっと抵抗があったので、この時はお話しを聞くだけとなりました。

 

2 一番減らしてはいけないもの

今とそう変わらない家計の内訳だったのですが、一番減らしてはいけないのはお小遣いだそうです。

我が家は、夫と私で2万ずつ4万をお小遣いとしています。

収入がへれば、これを真っ先に減らさないといけないのかなと思っていたのですが、お小遣いを減らすと一番不満が出る部分なので、減らしてはいけませんとのことでした。

確かにお小遣いを5000円減らして昼食代を5000円にするより、減らさずに昼食代をやりくりする方がやる気もでますね。

 

3 ローンのとらえ方

住宅ローンの支払いが大きい我が家のような場合は、ここを見直すことも大事なのだと考えています。

でも、見直すといっても、借り換えや住み替えはそうすぐにはできません。

この時も、住宅ローンに関しては、他のローンに比べると利率が低いものが多いので、一番最後の見直しで良いと聞き安堵しました。

それよりも、住宅以外のローン。たとえば車や家電などの一般的なローンを見直して余計な利息を払わない方がいいとか。

なるほど~でした。

 

無料セミナーのからくりとは?

 

近所のコメダで話を聞かせてもらったのですが、話の後でちょっと突っ込んだ質問もしてみました。

今回のようなセミナーや相談を受けて採算がとれるのかと聞くと、セミナーは楽天主催だったので、FPの方は呼ばれて話をしただけとのこと。

そして、FPの方は、保険会社と提携しているのでそこからお金が入るとのことでした。

 

その後の我が家の保険とローンは 

その後、私が病気をしたので、保険の借り換えは、我が家はちょっとハードルが高くなっています。

その保険も、2020年で一つ終了。2021年でもう一つ終了することがわかっています。

現在保険料が30000円ほど。これがあと2年で10000円程度になる予定です。

なので、保険に関しては、据え置きですね。

 

もう一つの、ローンですが、家のローンの繰り上げも考えてはいるのですが、繰り上げ返済をすると、現金の余裕が全くなくなります。

そのため、躊躇している状況です。

そこで、この時のセミナーでも言われていた、住宅ローン以外のローンに目を向けてみることにしました。

その顛末は、また次回の記事で!(^_^)v