あさぎの楽断捨離

定年まで10年。今から定年後に楽をするための断捨離スタートです

家計のダイエット!現実を見つめる

家計のダイエット実施中の我が家です。家計を見直すには、現状を知らなくてはいけません。そこで、生活費のかき出しをしてみました。

あっちもこっちも、問題がありそうに見えます。

どこのご家庭もこんなもんでしょうか。

 

 

f:id:asaginodaiary:20190218065018j:plain

我が家の内訳

 

 

予算

食費

28000

お米

4000

新聞

4000

日用品

7000

小遣い

40000

ガソリン

15000

駐車場

13000

主人交通費

30000

コンタクト

2000

予備

7000

合計

150000


現金で管理しているものです。これ以外に住宅費(ローン)と光熱費・保険・生協などの引き落とし分があります。 

夫が失業中なので、交通費分の3万円はいらないので、現状は現金管理は12万円となります。本当なら予備費をなくして、11万円以内といきたい所ですが、急激な節約はうまくいくかどうか不安なので、今は夫の交通費のみ減らした12万円で管理していこうかと思います。

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

 

10年後の年金生活を想定

 

あと、10年ほどで定年退職となります。年金額が夫婦2人あわせて20万円程度になる予想です。

今は、現金管理+引き落とし管理+住宅ローンで33万円くらいになっています。(税金や年払いなどは入れずにざっくりと月々出て行くお金です。

年金生活に入る頃までにローンを返し終わる予定として、ローン以外で20万円を目標として、家計のダイエットを進めていかないといけません。

そこで、今回の夫の失業を期に家計のダイエットを強制実施です。

 

1 現状を洗い出し

ローン以外で現金管理で23万程度使っています。これをまず20万にすることを目標にします。

(税金などの年払いの物は、別枠で今はちょっとおいておきます。)

 

家計の内訳を調べてみました。色々あるものです。 

大分類

内訳

我が家の項目(現金)

食費

食材・お菓子・飲み物

食費・お米・生協

日用品

日用品・雑貨・文房具

ダスキン・新聞

交通費

定期・バス・ガソリン

ガソリン・駐車場代

交際費・

お小遣い

お小遣い・化粧品・コンタクト慶弔費

お小遣い・コンタクト

水道光熱費

水道・ガス・電気

(引き落とし)

家賃・住居費

家賃・ローン・修繕費

ローン

通信費

携帯・電話・ネット

携帯+ネット(引き落とし)

美容費

美容品・化粧品

 

医療費

病院・薬

 

被服費

服・靴・カバン・クリーニング

 

教育費

学費・塾・習い事・本

なし

ペット費

ペット食費・病院代・ワクチン

なし

保険

国民年金・厚生年金・医療保険・自動車保険

(年払い)

税金

所得税・住民税・固定資産税・

自動車税

(年払い)

 

子供関係の費用(学費など)とペット費用は、我が家はありません。

美容・医療・被服も項目として設定はしていません。それほど高くないものはお小遣いの範囲と考えています。それでも、費用がかかる場合は、ちょっと使い込みになって問題も残ります。

 

 

2 何が家計の問題なのかを考える

f:id:asaginodaiary:20190218064822j:plain

 

家計の割合を調べて、現時点での我が家の割合と比較してみました。

項目

割合%

我が家の割合%

住居費

30

25

-5

水道光熱費

5

8

+3

食費

15

12.5

-2.5

通信費

5

6.5

+1.5

交通費

3

7

+4

保険

1

7.8

+6.8

生活用品

1

1.8

+0.8

交際費・小遣い

10

10

 

教養・娯楽費

5

2.8

-2.2

被服・美容

5

0.5

-4.5

貯蓄A

10

8.8

-1.2

貯蓄B

10

7.5

-2.5


 参考:Moneytree『食費や交際費は収入の何パーセントが適正?

 

我が家の一番の問題は食費だと思っていたんです。でも、これをみると、食費も問題はありますが、それよりも目につくのが水道光熱費と保険です。

実際には、もう少してらしだしてみないとわかりませんが、要注意ですね。

 

次回は、食費を再検討です。